怖い消費者金融と問題

| 未分類 |

af9920070402w

怖い消費者金融は法律上の「総量規制」ができる前には、グレーゾーン金利の時代に非常に多くあった問題の一つです。

総量規制は年収に対して、消費者金融がいくらまで貸し付けてよいのか、という金額を定めた法律です。

限度額が50万円になっているので、それ以上、貸し付けることができません。そうなってしまうと、怖い消費者金融にとっては、かなり貸付上で制約が生まれたことになります。ですが、このような法律が生まれる前は、実際には詐欺まがいの金利を設定して、社会的弱者に圧力をかけていたような実態があったことはよく知られています。

実際に怖い消費者金融はそのような反社会的な勢力である暴力団と結び付いていることがあり、債権を怖い消費者金融が暴力団関係者に譲渡するようなことは、決して珍しいことではありませんでした。

そのような犯罪の温床となったということもあり、国会に取り上げられて、現在ではかなり厳しく規制されています。

ですが、完全に撲滅したわけではなく、現在も少なからず、そのような勢力が残っていることを考えると、より厳正に対処しなければ、そのような問題はなくならない、ということがいえます。きっちりと、怖い消費者金融には法律で対処することが望ましい方法であることは間違いないことです。