怖い消費者金融と法律の関係

| 未分類 |

af9920070402w

怖い消費者金融は法律上に違反した存在であることがあります。それは、とりたての方法が「恐喝まがい」の方法で行われることがあるからです。怖い消費者金融の取り立ては、威圧的な方法や反社会的な方法がとられることがあります。

同じ人に夜間、繰り返し電話を入れる、脅し文句をつかうなどはよく行われる手口で、ひどくなると、自宅やマンションの周辺をうろつく、直接取り立てにきて、威圧的な行動をする、などの方法がとられることがあります。

そのような犯罪的な行為に対しては、厳正なる対処をしなければ、被害者が増えるばかりであり、現在は法律的にも非常に厳しくなっています。

そのためにも、きっちりともし被害にあったら泣き寝入りをせずに、警察に届け出ることが問題解決の糸口となります。あきらめずにまずは相談して、被害の実態を正しく伝えることです。怖い消費者金融は金銭を貸し付けただけで、人の人格や存在までも貶められることは、決してないのです。

そのような悪質な行為には厳罰をもって臨まなければ、社会全体が反社会的勢力で絞められてしまうことになるでしょう。

もし、そのような暴力的な存在が少しでも感じられたら、録音テープなどを用意して、きっちりと記録を取っておくようにすることが大切です。