怖い消費者金融と金利について

| 未分類 |

af9920070402w

怖い消費者金融の金利は法に触発されない範囲の正当なものであるか、ということはきっちりと確認しなければわかりません。

実際には違法性があることも珍しくなく、これは消費者事態がその存在を容認しているために、そのような被害が発生するといえます。

非常に重大な問題であり、厳正に対処しなければ、その問題自体は、なくならないことを意識しておかなければなりません。怖い消費者金融の金利が法律で定められた限度内であっても、取り立てが違法な場合、もちろん警察に通報して、対処を求めることができます。
ですが、これが違法な場合、最高裁の判決にあるように「借金自体が無効」になるので、一切、返済する必要はありません。

そのような悪質な事例については、厳正な対処をしなければ、二次被害を生み出すだけです。

怖い消費者金融はその存在があいまいなところに強みがあり、きっちりと法律で裁きを下すことによって、その悪質性や違法性を明瞭にすることができます。

もし、そのような被害にあった場合、泣き寝入りせずに、すぐに警察に対処を求めるなど、きっちりと対応することによって、被害を防ぐことにつながります。

問題については、なるべく早期に解決するようにしておけば、安心できるはずです。